リンク | お問い合わせ | ホーム

検索エンジンの仕組み クローラーについて SEO的NGサイト
SEO関連情報局について
SEO関連情報局ではSEOに関する知識、情報を全て無料でご提供しています。
利用について
SEO関連情報局はなるべく確かな情報提供を心がけておりますが、SEO関連情報局の情報を利用して何らかのトラブルや損失が発生しましても責任を負うことは出来ません。SEO関連情報局の情報を利用する際はあくまでも自己責任でお願いします。
リンクについて
SEO関連情報局はリンクフリーとなっております。特に連絡等必要ございませんので、お気軽にご使用下さい。但し、未成年に不適切と思われるサイトやマルチ商法紛いのサイトからリンクを貼り付けることはお断りしています。予めご了承下さい。
バナー画像
バナー画像はリンクを貼り付ける際ご自由にお使い下さい。サイズの変更もOKです。SEO関連情報局・バナー画像

検索エンジンの仕組み

サイトをアピールしたい、アクセス数を伸ばしたいと考えるのであれば、検索エンジンの仕組みを理解する必要があります。どのようにして検索エンジンは上位表示サイトを選んでいるのか、どのような仕組みで動いているのか、SEOはどのような効果が得られるのかここでは検索エンジンに関する情報をご紹介します。

検索エンジンの動き

SEOは検索エンジンの動きを予想しながら行う対策です。そもそも検索エンジンはどのようにしてその膨大なデータを処理しているのか。まずいえる事はクローラーにより予め情報収集をしている。クローラーというのは後ほど詳しく説明しますがネット上を周期的に巡回する自動ロボットです。このロボットがリンクを伝ってサイトを訪問。一通りサイトを見学するとインデックスと呼ばれるそのサイトに対する評価やメモを取って検索エンジンへと帰っていきます。このクローラーが集めてきた情報をもとに検索エンジンはアルゴリズムと呼ばれる独自の計算方法で良質サイトを導きだし、キーワードで検索された際より質の高いサイトを表示させるようにします。そのためSEOはこのクローラーに良い評価をしてもらえるよう対策を施すのです。また検索エンジンやクローラーやヤフーやグーグルなどによって使用するアルゴリズムやプログラムが違うので、目的にあった別々のSEOを施す必要があるのです。

ディレクトリ型とロボット型

上記でヤフーやグーグルのように別々の対処法をしなければ効果が得られないと説明しましたが、ヤフーとグーグルでは検索エンジンで上位にヒットするサイトの決め手が大きく異なるからです。検索エンジンは全てロボット任せというイメージがありますが、ヤフーの場合半分以上の上位サイトは実際に人の目でチェックが入っていると思います。グーグルは完全にクローラーとプログラムされた検索エンジンで成り立っていますが、日本ではまだまだヤフーの利用率も大きいのでユーザーや検索エンジンにとって不利にならないよう、人の目で直接判断をしているのです。そのため、グーグルで上位に表示されたい場合はSEOに力を入れて構わないと思いますが、ヤフーはそれを好まないので意図したSEOは逆に順位を下げられてしまう場合があります。ヤフーの場合、あくまでも自然なSEO対策が必要になってくるというわけです。ヤフーのような人の目で直接サイトをチェックすることをディレクトリ型、グーグルのようにロボットがサイトをチェックする方法をロボット型と呼びます。

アルゴリズムとは

SEOでいうアルゴリズムとは検索された際サイトの順位を決める計算方法の事を言います。アルゴリズムは検索エンジンの種類によって方法が異なり、さらには日々改良されているのでそれにあったSEO対策をしなければなりません。一つのSEOに偏っている場合、アルゴリズムの変更に伴い大きく検索順位を落とす場合があるからです。また、このアルゴリズムを予測し不適切なSEOを行うことはしてはいけません。

Copyright © 2009 SEO情報関連局 All Rights Reserved.