リンク | お問い合わせ | ホーム

検索エンジンの仕組み クローラーについて SEO的NGサイト
SEO関連情報局について
SEO関連情報局ではSEOに関する知識、情報を全て無料でご提供しています。
利用について
SEO関連情報局はなるべく確かな情報提供を心がけておりますが、SEO関連情報局の情報を利用して何らかのトラブルや損失が発生しましても責任を負うことは出来ません。SEO関連情報局の情報を利用する際はあくまでも自己責任でお願いします。
リンクについて
SEO関連情報局はリンクフリーとなっております。特に連絡等必要ございませんので、お気軽にご使用下さい。但し、未成年に不適切と思われるサイトやマルチ商法紛いのサイトからリンクを貼り付けることはお断りしています。予めご了承下さい。
バナー画像
バナー画像はリンクを貼り付ける際ご自由にお使い下さい。サイズの変更もOKです。SEO関連情報局・バナー画像

今すぐ出来るSEO

SEOの定義や基本的な検索エンジンの仕組みについて理解したところで、自分でできるSEOを実際に試してみましょう。ここで紹介するSEOは誰でも今すぐに試せる簡単な方法です。効果は薄いかも知れませんがSEOの基本的な事をご紹介しますのでぜひお試し下さい。ちなみに、ページを更新してからヤフーやグーグルといった検索エンジンで実際に効果が現れるのは少し時間がかかると思います。クローラーの巡回周期が約1ヶ月ほどかかると思いますので気長に試せる方はお試し下さい。

タイトルについて

タイトルは出来る限り短い文章で書いたほうが効果的であるといわれています。特にタイトルは検索エンジンで表示させたいキーワードを含めることによって絶大な威力を発揮しますので重要視したほうが良さそうです。また、キーワードを含む位置ですが、なるべく記述を先にしたほうがSEOで効果があります。しかし、キーワードを詰め込みすぎるとせっかくのSEOも逆効果となってしまいますので出来る限りシンプルなタイトルを選んで記述してください。

メタ・キーワードと紹介文について

当たり前ですが稀に記入されていないサイトを目にします。メタは必ず1ページに一つずつ入れるようにしたほうがSEOでは有効です。キーワードを入力する際はページ内のテキストで多く使用した単語を入力するようにします。間違ってもまったく使っていない単語をキーワードに指定しないで下さい。あくまでもキーワードなので単語単語で短く入力すること、あまり多く記入しすぎてはいけません。基本的に3〜5個以内のキーワードが好ましいと聞きますが7個くらい指定しても問題は無いようです。そして紹介分ですが、ユーザーを騙すような事は書いてはいけません。あくまでページの補足や説明という意味で利用しましょう。また紹介文をテンプレートで記入し、前ページ同じ紹介文になっているサイトをたまに見ますが、後のページが重複ページとしてみなされてしまう場合がありますので出来る限り紹介文は全ページ違う文章を入力するように心がけましょう。

スタイルシートについて

内部CSSでスタイルシートをHTML内に記入している方は今すぐやめたほうが良いです。スタイルシートのような装飾担当は外部が基本になります。クローラーに読み込んでもらい評価を高めるためにはなるべくシンプルなソース作りが大切になるからです。少しでも評価を上げたいならスタイルシートは外部で記述するようにしましょう。

Copyright © 2009 SEO情報関連局 All Rights Reserved.